聴けない場合は、左上の「バー」・緑色の「更新」をクリックして下さい。
市東さんの畑で
市東さんの畑で 草取りをしたよ 朝から夕方まで 真夏の三里塚
汗まみれ 土にまみれて 腰が痛くて フラフラになったけど
なぜだろう とっても幸せな気分
生きてるって なんて素晴らしいんだって思えたよ ありがとう

キャベツの赤ちゃんが あまりの暑さで 元気がないって とっても心配そう
あれがオクラの 花だよ きれいだろうって キラキラ笑顔の市東さん
愛情 目一杯かけて 育てて この土地を守り抜いているんだね ありがとう

敷地内 市東孝雄さん

暴力とお金の力で 農民の畑を奪い取り 造られた成田空港
でも40年たっても 完成はしてないよ
この国と地球の未来のために 闘って この土地を守り抜いているんだね ありがとう

市東さんの畑を奪おうと この国は躍起になっている
戦争をやるための軍事空港 許さないぞと 反対同盟のみなさん
最後の一人になっても闘うと 闘志満々の市東さん
この国と地球の未来のために 闘って この土地を守り抜いているんだね ありがとう

三里塚へ行こう!
三里塚へ行こう!
三里塚へ行こう!
 公団の談合許せぬ 敷地内 市東孝雄さん
 羽田空港が拡張されると飛行機が木更津上空から下総の方を通ることになるが、堂本千葉県知事は国に対しそのことで「騒音がひどくなる」と抗議している。しかしこの三里塚において、今現に島村さんとこの頭上40bに飛ばしておいて、またうちに対してもジェットブラストを吹き付けておいて、一体どういうつもりだ、と言いたい。

 今は民主主義と言われているが、弱い者は一層疎外され痛めつけられ、権力はますます横暴にのさばっている。この三里塚の空港建設こそいい例ではないか。中型機をがんがん飛ばして、出ていかないなら今度はジャンボを飛ばせる滑走路を造ってやる、こんな攻撃に負けるわけにはいかない。

 空港公団の談合問題で有罪判決が出た。公団やそれを引き継いだ会社は「反対派にやられるから」といいわけをしながら、秘密裏にあくどい利益追求をやってきた。今回の判決も一部の者に罪をかぶせての「トカゲのしっぽ切り」ではないかと疑われる。巨悪はもっともっと隠れているはずだ。空港は一部の業者を潤わせただろうが、しかし地元の産業をちゃんと守り発展させようなどということはこれっぽっちも考えてはいない。

 今の若者は、うまいことやって大金を稼ぐというホリエモンの生き方にあこがれをもつ人が多いと聞いている。われわれ古い人間からすると「時代が違う?」とも思うが、その一言で片付けるわけにもいかない。とりあえず「三里塚に来て草取りやってみよう」と言いたい(笑)。もちろん農家だけではないが、額に汗して働くことはとても重要で、生活の基本だ。

 そして三里塚は権力と日常的に闘っている現場だ。自分にとっては、この地で生活し闘っていることが特別なことではなく、ごく自然なことだ。そういうことを肌身に感じて知ってもらうために、日ごろ土をいじることもないような若い人たちも、現地集会と現地での企画にぜひ参加してほしいと思います。いっしょに闘いましょう。
 
「街」の現地調査の様子は、ここをクリック
写真は市東さん宅に立つ反対同盟の看板
「ヨッシーとジュゴンの家」の9月の新曲 デモ版 矢印をクリックすると
視聴できます
撤廃させよう!
 「障害者」自立支援法
9条変えるな! SAORI バージョン

「ヨッシーとジュゴンの家」
トップのページ
Ads by TOK2