PPC広告とは?

PPC広告とは、『pay per click advertising』の略で、GoogleやYahoo!などの検索画面の上に表示される広告のことです。

検索結果画面

○のところがスポンサーリンクとなっており、PPC広告を使用していることになります。

広告主がキーワードを選択し、1クリック○○円という設定ができます。

最大のメリットとして、見てわかるとおり、PPC広告を利用すれば、SEOなどを気にしなくても目立つ位置に自分のサイトが表示できます。

広告料ですが、この広告は表示されても、クリックされなければ広告料が課されることはありません。

しかも、1クリックあたり10円未満からと、非常に安価です。

もちろん、企業だけじゃなく個人からの掲載も可能です。

今までなにかと手間のかかっていたSEOなどが、簡単に1位になれ、それに費やしていた時間も節約できる。

それがPPC広告です。

刺さりやすい広告

PPC広告は効果の出やすい広告といわれています。

なぜなら、基本的に興味のないユーザーは、わざわざ広告をクリックすることはないので、クリックしたときには既に購入の意思を持った人が多く、広告費用を無駄にすることなく、効率のよい広告が出せます。

PPC広告を利用したことがあるユーザーも6割以上もいますし、そもそも、検索結果とPPC広告の区別がないユーザーも多いので、違和感なくその広告のページを目にしていると思われます。

PPC広告の種類

日本の検索エンジンでは、下の3つのPPC広告があります。

Google Adwords
Googleの提供するサービスです。
Googleの他に、goo、LivedoorなどにPPC広告を出したい場合もこちらから。
Overture
OvertureはYahoo!の関連会社Overtureが提供しているサービスです。
Yahoo!の他にmsnやasahi.com、OKWaveなどにもPPC広告が出せます。

ページトップへ



Ads by TOK2