Q&A(ユーザー向け)


Yahoo!検索

パソコンの基本的な操作につきましては、Yahoo!検索のご利用をお勧めいたします。

Yahoo! JAPAN

QuickTime

インストール

QuickTimeを1回インストールしてしまえば、以後、全てのゲームで使えます。
別のゲームをプレイするたびに、QuickTimeをインストールしなおす必要はありません。
また、基本的に最新のiTunesをお使いの方なら、新たにインストールする必要はありません。

Pro版って必要?

QuickTimeは、Pro版じゃなくても使えます。
ただし、MIDI機能やムービーコーデックなどが制限される場合があるので、「すべてをインストール」にしてインストールしてください。

QuickTimeのバージョンの確認

Mac OS X: システム環境設定→QuickTime→「QuickTimeについて」ボタン
Mac OS 9以下: コントロールパネル→QuickTime設定→ポップアップメニューの「QuickTimeについて」
Windows: スタート→設定(S)→コントロールパネル(C)→QuickTime→ポップアップメニューの「QuickTimeについて」

画面が出ない、音が鳴らない、それらファイルの読み込みに失敗する

  1. Windows制限モードでの動作時、すなわちQuickTimeがインストールされてない状態では、画像はBMP、音声はWAVEのファイルしか読み込めません。
    従って、それ以外のファイルは、読み込みができずにエラーになります。

  2. Famous Writerは、画像の読み込みと、音声の読み込み・再生にQuickTimeを使ってます。
    お使いのQuickTimeのバージョン、インストールされた状態によっては、読み込もうとするファイルが、インストールされたQuickTimeに対応してないことがあります。
    ゲームの開発者などにバージョンを訊ねるなどして、なるべく同じバージョンをインストールするようにしてください。
    また、開発者の方は、ダウンロードページやReadMeなどに、お使いのQuickTimeのバージョンを記載することをお勧めします。
    なお、このホームページで配布しているサンプル等は、QuickTime 6.0.3で動作を確認してます。

QuickTime 7 をセーフモードで使う(Windows)

QuickTimeの発音は、Windowsでは通常DirectSoundを使うようなので、音関係の不具合はQuickTimeのセーフモード(Windowsのセーフモードではありません)にしていただくと、解決することがあります。
これは、WaveOut API(Direct Xに依存しないWindows自体が持つサービス)を使って動作するようです。
が、Windowsの仕様上、WaveOutはDirectSoundに比べてパフォーマンスが低下することを、あらかじめご承知おきください。

以下、QuickTime 7での、セーフモードの設定方法です。
1. QuickTime設定を開く(通常は、スタート→設定→コントロールパネル→QuickTimeにあります)
2. 「オーディオ」タブを選択した後、セーフモードにチェックを入れる(念のため、他の設定項目もご確認ください)
3. PCを再起動していただく

なお、オーディオカード・ドライバ・Direct Xが正しくインストールされているかも、併せてご確認いただくことを強くおすすめします(特に自作機の方など)。

また、Famous WriterとQuickTimeの連携がうまく行かなくて動作不具合になる時もありますので、そのようなケースにもこちらをお試し下さい。

QuickTime 6.0.3でMIDIが鳴らない(Mac OS 9)

そのままインストールすると、MIDIが鳴らないことがあります。
その場合、システムフォルダ→機能拡張の「QuickTime™ Musical Instruments」を「QuickTimeェ Musical Instruments」とファイル名を変えて、Macを再起動すると、鳴るようになることがあります。

インストール

必要でないファイルについて

解凍後に「.DS_Store」「Icon_」などのファイルが出来ることがありますが、システムやFamous Writerの動作には全く影響ありませんので、捨ててしまって構いません。
これらファイルが出来るのは、圧縮と解凍でOSが違うことに起因します(作者はMac OS 9.2.2上で圧縮してます)。

グラフィクス

色がおかしい

1670万色/True Color/32bitにしたり、お使いのQuickTimeを最新のバージョンにすると、改善されることがあります。
これはQuickTime Graphic Importerの仕様で、フルカラーやインデックス付き画像の色が化けて読み込まれることがあるためです。

画像の読み込みに失敗する(Mac OS 9)

FinderからFamous Writerの割り当てメモリを増やしてください。
なお、配布時は56000Kに割り当てられています。

動作全般

本体とデータのバージョンについて

src.fwdとarc.fwdがデータなんですが、Famous Writer本体は、違うバージョンで作成されたデータは互換性が無く、読み込めません。
データ配布者の方に、どのFamous Writer本体で動作させたらいいか訊いて下さい。
以下のリンクから、当該バージョンのダウンロードページに行けます。
v1ダウンロードページv2ダウンロードページ

配布者の方は、どのバージョンのFamous Writer本体でコンパイルしたか、ReadMeなどにお書き添え下さると助かります。

エラーが出た

掲示板で「お使いのOSとメモリ量」と、「どういう操作」をして「どういうエラーが出た」か書いていただけると助かります。
こちらで再現できないことには直しようがありませんので、よろしくお願いします。

起動が遅い

スペックの低いパソコンだと、QuickTimeの初期化に時間がかかります。
CPUのクロック、メモリ、HDの速度、マザーボードのバススピードなど、いろんな要因があります。

ゲームが始まるまでの挙動が変だ

QuickTimeが正常にインストールされているかご確認いただき、このページのQuickTimeの項を併せてご参照下さい。
Famous Writerと同じフォルダの中に、FmWr.iniというファイルがある場合は、それを削除してから再び起動してみてください。

タイプ-39のエラー(Mac OS 9)

OS 9.2.2以下でCarbon版を起動すると、タイプ-39エラーが出て起動できません。
Famous Writer本体がClassic版であるか、今一度ご確認下さい。

仮想メモリ(Mac OS 9)

コントロールパネルの「仮想メモリ」が「入」になってると、音声がとぎれたり、動作が緩慢になることがあります。
その場合は「切」に設定してください。

発行元に関する警告(Windows XP)

「発行元を確認できませんでした。このソフトウェアを実行しますか?」という警告が表示されることがありますが、そのまま実行して構いません。

ユーザーインターフェイス

スペースキーでテキストが消えない

キーボードの半角入力モードにしてください。

フォントについて

プロポーショナルフォントも、固定ピッチのフォントと同様、等幅で文字が描画されます(開発者側で指定した文字サイズで描かれます)。
異なるOS間で同じ文字数を実現するため、このような仕様になっていますことをご了承下さい。

フルスクリーンについて

画面の解像度は変更しません。
OS側で適当なサイズに変更した後、Famous Writerを起動し、フルスクリーンにすると良いでしょう。

セーブファイル

セーブファイルは、Macintosh/Windowsで完全互換です。
が、違うOSに移すと同じフォントがない事があるので、そこだけは環境設定で適当に設定してください。

セーブできない(Mac OS X/Win NT/2000/XP)

現在のユーザーで書き込み権限のあるディレクトリにセーブしてみてください。
また、Famous Writerも書き込み権限のあるディレクトリに置いてプレイすることを強く奨励します。

Windows制限モード

音声について

v1はWin32 APIのPlaySound、v2はDirectSoundを使用してるんで、それらが正しく動作する環境が必要です。
サウンドカードやドライバなど、正しいものを使ってるかご確認下さい。


ホームへ戻る

Ads by TOK2