マスクつき画像の作り方


Photoshopで描いた場合
アルファチャンネルつきPNGの場合
について、Photoshopを用いて、Famous Writer用マスク付き画像を作成する方法をご説明申し上げます。
もっと賢い方法があるかもしれませんが、一例として参考にしていただければ幸いです。

なお、操作方法はAdobe Photoshop 5.5 Mac版のものです。他のバージョンだと操作方法が異なる可能性がありますが、その場合は適宜操作してください。
また、画像は『六角大王Super4(株式会社終作様)』付属のライブラリのものを使用しました。

Photoshopで描いた画像にマスクをつける

レイヤーは全部統合しておきます
背景があるとうまくいきませんので、そこは絵を描く段階から注意してください。

8BIM1.png

そのレイヤーを複製し、「透明部分の保護」にチェックを入れます

8BIM2.png

描画色を黒にし、メニューの「編集」→「塗りつぶし...」を実行します

8BIM3.png

→以下、マスクをつけるにつづく

アルファチャンネルつきPNGからマスクを作る

チャンネルウインドウを開きます
画面に出てない場合は、メニューの「ウインドウ」から開くことが出来ます

クイックマスクをオンにします

アルファチャンネルをクリックしてアクティブにし、全て選択し、コピー(MacならCommand+C)します

クイックマスクをクリックしてアクティブにし、ペースト(MacならCommand+V)します
これでアルファチャンネルの情報が、クイックマスクにコピーされました

RGBをクリックし、画像の編集と表示ができるようにします

レイヤーウインドウに戻り、新規レイヤーを作ります

クイックマスクを解除します

描画色を黒にし、メニューの「編集」→「塗りつぶし...」を実行します

→以下、マスクをつけるにつづく

マスクをつける

黒で塗りつぶしたレイヤーの下に、新規レイヤーを作り、白一色で塗りつぶします

黒で塗りつぶしたレイヤーと、白一色のレイヤーを統合します
ちなみにこれは、Famous Writer用マスク部分の画像になります

メニューの「イメージ」→「画像サイズ...」を開きます
左寄せで、横方向の大きさを倍にします

実行すると以下のようになります

メニューの「編集」「変形」「数値入力」を開きます
位置のXを、元の画像の幅にします

実行すると以下のようになります

このままお好きなフォーマットで保存すれば完成です


ホームへ戻る
Ads by TOK2